micazzo

40代2人の子供を持つ主婦です。健康の事..美容の事..私や子供のアレルギー事など書いていきます

ストレスから始まった慢性蕁麻疹。慢性蕁麻疹はいつ治るの??

f:id:micazzo:20190227155402p:plain

10年ほど前

大きなストレスを感じる日が続き

それをキッカケに蕁麻疹が出るようになりました。

病院に行きいくつかの検査をしてもらい

慢性蕁麻疹という診断をうけました。

蕁麻疹

蕁麻疹治療が難しいといいます。

私も何件かの病院にかかった事があるのですが

どの先生も

「薬を使って上手に付き合っていくしかないかな~」

と言います。

蕁麻疹は成人の20パーセントにみられる症状なのに

患者の70%がその原因がわからないそうです。

蕁麻疹は原因不明のものが多いといわれていますが

原因がわかっている蕁麻疹もあります。

例えば、汗をかいたり、紫外線、暑さや冷たさ出るなど。

私の父は何十年も前から

ひっかいたり服のゴムのしめつけなどで蕁麻疹ができます。

このように原因がわかっている場合でも良い対策がないようです。

 

慢性蕁麻疹になったキッカケ

10年程前

私は歯医者に通っていました。

とても難しい治療で3回も歯医者を変更し

治療は1年以上かかるものでした。

最後の歯医者では先生の腕は良かったのですが

50代くらいのとてもセッカチで雑な衛生士さんがいました。

その方に対応してもらう事が多かったのですが

本当に荒い治療で痛みも大きく毎回とても苦痛でした(涙)

その事が原因で

治療のたびに憂鬱になり、緊張し

診察台に座ると足の甲が痒くなるようになりました。

最初の2.3回はなんだろう???と思ってたのですが

ある時、治療後に痒い部分を見たら狭い範囲で蕁麻疹が出ていました。

蕁麻疹が出るのは歯医者の時だけで

治療が終わってしばらくしたら消えていたので

ストレスなんだろう・・と思っていました。

 

症状の悪化 

歯医者の時だけだった蕁麻疹が日常生活でもでるようになりました。

緊張した時やあせっている時、暑い時やびっくりした時など

全身に痒くて小さな蕁麻疹が出るようになりました。

頭も痒くなり顔にも出ました。

具体的には自転車に乗っている時

幼稚園で子供の行事のためのお手伝いをしている時

ひどい時は家の電話がなるだけで蕁麻疹がでていました。

 

皮膚科で診察

 血液検査や問診で慢性蕁麻疹だと診断されました。

そして、慢性蕁麻疹は根気よく付き合っていくしかないのだと言われた。

「一生ですか?」 

私は先生に聞きました。

すると

「大丈夫!!12年間薬飲んで治った人がいるから!!!」

 

えーっ(;´Д`)

 

その時

長い付き合いになるんだろうなと覚悟しました。

 

治療

先生はアレルギーの薬を処方してくれました。

アレルギーの薬と言っても沢山の種類があります。

私は長い期間アトピーだったのでいくつの薬を飲んだ事がありました。

どの薬で症状を抑えることが出来るのか

試してみましょう!という事で。

Aの薬を2週間→診察

合わなければ

Bの薬を処方してもらい2週間→診察

そのように話し合いながら何種類かの薬を試しました。

薬が合わない場合は飲んでいても症状がでました。

最終的に合う薬を見つける事ができました。

(ちなみに私が飲んでいる薬はアレジオンです)

そうは言っても蕁麻疹を出したくないので

自転車に乗らない。

汗をかかない。

運動をしない。

暑いお風呂に浸からない。

など、蕁麻疹がでるであろう事は避けて生活していました。 

 

現在

慢性蕁麻疹になってから10年以上が経ちます。

今も薬を飲み続けています。

蕁麻疹がでるであろう事は避けて生活しています。

自転車も10年以上乗っていません。

最後に自転車に乗った時全身に蕁麻疹がでた事から

乗るのが怖くなっていました。

先生に相談すると

蕁麻疹は精神的なものも大きくかかわっていて

「自転車に乗るとまた蕁麻疹がでるかもしれない」

という気持ちが蕁麻疹を誘発する

と教えてくれました。

なのでもう10年以上自転車に乗っていません。

乗れなくなっているかもしれません(笑)

最後に蕁麻疹がでたのは思い出せないくらい前です。

今日は外出しないし暑くない!

大丈夫かも?

と思う日は薬を飲まなかったりもします。

しかし

夏の暑い日や焦った時、緊張MAXの時などは

あ・・・でるかも?

という感覚があるので怖くて薬をやめる事はできません。

 

最後に

私が調べた限りどのサイトでも病院でも

慢性蕁麻疹のほとんどが原因不明であり

治療方法はないけれど、多くの場合は長い期間薬で付き合っていき

良くなる場合もある・・といったものが多かったです。

実際私も10年以上薬を飲んでいて上手く付き合っています。

私の蕁麻疹のキッカケが大きなストレスでした。

運動や気持ちで蕁麻疹がでる事もわかっているので

ストレスとは上手に付き合う。

きちんと睡眠をとる。

などありきたりですが規則正し生活が大切なのだと思っています。

あせらずに蕁麻疹に勝てる体を作っていきたいです!! 

スポンサーリンク
-->